先輩からのメッセージ

信頼される薬剤師を目指して

がん診療拠点病院である当院では、がんを中心に様々な症例にふれる機会があります。入職当初は業務に慣れることで必死でした。それが今では抗がん剤調製も含め、業務も随分スムーズにこなせるようになり、少しずつですが自分の成長を感じています。また、最近では緩和ケアチームの薬剤師の副担当として参加するなど、新しいことにもチャレンジしています。

まだまだ足りない部分はありますが、患者さんから信頼される薬剤師を目指し、これからも日々業務に取り組んでいきます。

米子医療センター 村富 裕貴

患者さんに信頼される薬剤師を目指して日々勉強中です

広島西医療センターは急性期病棟と慢性期病棟を兼ね備え、私は調剤、製剤、無菌調製、病棟薬剤業務、薬剤管理指導などの業務を行っています。国立病院機構では研修や勉強会が多くあり、私自身も新人研修、ICT研修、治験研修に参加させていただき、たくさんのことを学びました。

日常業務では自身の勉強不足を痛感することも多々ありますが、先輩方からご指導いただき、様々なことを習得しながら仕事に取り組んでいます。今後さらに専門性を高め、様々な症例に対応できるよう頑張っていきたいと思います。

広島西医療センター 切戸  聡美

患者さんと医療の現場に求められる薬剤師を目指して

現在、私は調剤業務に加えて、主に神経難病や透析の患者さんの服薬管理と指導を行っています。慢性期の疾患では、長期的な薬剤管理が必要とされるため、薬の相互作用や薬物動態の確認、服薬指導等を通じて、最適な治療に貢献できるよう心がけています。

国立病院機構では、自施設だけでなく他施設の医療職種の方々と情報共有ができる機会が非常に多くあります。これからも専門性を磨きつつ、広い視野をもって多職種と連携できる薬剤師を目指していきたいと考えています。

柳井医療センター 浜田 祐希

研修での経験を生かして

徳島病院に配属されてから、1年が過ぎようとしています。当院では、高カロリー輸液の調製や、TDM解析、各委員会への参加などにも携わっています。他職種からの問い合わせに十分な対応ができていないと感じることもありましたが、周囲からのサポートによりこなせるようになりました。国立病院機構では、多くの研修が企画され、昨年は富士山にも登ってきました。知識の習得だけでなく多くの仲間と出会うことができ、自身の成長を実感しております。今後も日々の研鑽を怠ることなく病院薬剤師を極めたいと思います。

徳島病院 扶川 晴香

お問い合わせ・資料請求
PAGE TOP
PAGE TOP