先輩からのメッセージ

私は大学卒業後、呉医療センター・中国がんセンターに就職し、理学療法士として診療業務に従事しています。当院のリハビリテーション対象者は超急性期を中心に、がんの末期、難病の患者様まで多岐にわたります。就職当初は急性期医療に苦労しましたが、経験豊富な上司に支えていただき、日々の診療を楽しんでいます。

中国四国グループでは理学療法士を対象とした研修会が年に数回あり、多施設の同僚や先輩との交流機会が多いことも魅力です。国立病院機構では臨床・研究・教育ともに恵まれた環境で取り組むことができます、あなたも一緒に働いてみませんか?

呉医療センター 理学療法士 谷内 涼馬

私は、浜田医療センターに就職してから約1年が経ちました。平成26年度より、回復期リハビリテーション病棟が立ち上がり、私は回復期病棟の患者様を中心に介入させていただいています。疾患は脳神経外科から整形外科等様々な患者様を担当させていただきました。

入職した当初は右も左もわからぬままで悩むことも多かったですが、先輩方や動機の方々に恵まれ一つ一つ丁寧な指導をいただいています。また、作業療法とは何か?という点に対して様々な職種の方や患者様を通じて模索している毎日を過ごしています。

また、独立病院機構では新人研修や各ブロックの勉強会などが定期的に開催されており、学ぶ場がたくさん整った環境だと思います。まだまだ未熟ではありますが、これからも患者様に適した治療を行なえるよう勉強していきたいと思います。みなさんも私たちと共に勉強していきながら働いてみませんか?

浜田医療センター 作業療法士 山本 早弥香

みなさんの臨床における目標は何ですか?日本作業療法学会において演題内容が多種多様であることは,浩々たる作業療法の領域を物語っています.学生時代に授業・実習を経験したときも作業療法士の価値観は十人十色だと感じた為,就職活動の際には広範な領域に携わることができる職場を探しました.国立病院機構では,急性期から生活期,そして新生児から高齢者までの様々な疾患を対象とした作業療法が可能です.この資源を活かして大局的な視点に立つことが私の目標です.幾多の経験は必ず武器になると思います.みなさんも是非私たちと共に働きましょう!

岡山医療センター 作業療法士 池内 克馬

お問い合わせ・資料請求
PAGE TOP
PAGE TOP