看護教員の資質向上は看護教育の質を高め、さらに臨床看護の質を高めることにつながります。看護教員には豊かな幅広い教養と人間性はもとより、専門の看護学における知識・理論・技術に裏付けられた質の高い授業実践力と学生指導力とを併せて、場面に応じた人間関係の調整能力が必要となってきます。

国立病院機構では、中国四国グループ内附属看護学校の教員同志で活動する「教員研究会活動」があります。互いの看護の専門性を生かした領域別活動を行っています。また、お互いの授業実践力向上のため、各学校で授業研究を開催し、率直な意見交換の場を設けています。

主な研修の紹介

中国四国グループで開催する研修会

教員研修Ⅰ(採用後概ね2年まで)

主な研修内容

・国立病院機構における附属看護学校の存在

・教員としてあるべき姿

・学生指導におけるコミュニケーション

・授業計画の実際

・実習指導の実際  等

看護教員Ⅱ(採用後概ね7年以上)

主な研修内容

・医療と看護の動向

・学校経営とマネジメント

・組織分析と経営戦略

・リーダーシップ

・危機管理

・労務管理  等

お問い合わせ・資料請求
PAGE TOP
PAGE TOP