業務内容

「一期一会」患者さんの期待を裏切らない医療

自身のステップアップ

国立病院機構は、我が国最大のネットワークを有する医療機関であり、全国143病院、中国四国地方だけでも22病院を数えます。

これら機構内病院が緊密な連携を持って、最先端から地域に密着した診療まで幅広い医療を提供するだけでなく、「国が策定した政策医療」や「臨床研究」、「治験」といった幅広い医療活動を担っております。

機構内病院で働く医師は「一期一会」の気持ちを持ち、日々患者さんの期待を裏切らない医療を提供することを目指しております。そのために、日進月歩の医療を常に勉強し、お互い切磋琢磨しております。

機構全体としての研修や海外留学制度など、他に類を見ないほど充実しており、多数ある機構内病院には必ずあなたのニーズにマッチした施設があるはずです。

医師としてこの中に身を置くことは、必ずや自身のステップアップにもつながるはずです。

熱意ある医師・医学生の皆さん、是非われわれと一緒に働いてみませんか。

 

医師募集(http://www.hosp.go.jp/career/career_ishi.html

初期・後期臨床研修医募集(http://www.hosp.go.jp/education/education_kensyu.html

 

キャリアアップ制度

専修医(後期研修医)制度

初期臨床研修の修了後には、目的・到達目標・研修期間の明示された豊富なプログラムに沿った研修を行うことにより、各専門分野やスキルアップを目指した専修医制度を整え、国立病院機構ならではの豊富な症例数や救急医療などの現場を経験するとこで腕を磨き、より高度な診療能力を持った医師を育成します。

NHOフェローシップ制度

国立病院機構の豊富なネットワークを活かし、若手医師が自身のスキルアップや専門医習得を目的として、所属病院とは異なる機構病院に一定期間留学できる制度です。国立病院機構の医師であれば誰でも、機構病院であればどこへでも、何度でも行くことができます。機構病院ならではの制度ですので、存分に利用してください。

海外留学制度

平成18年より開始した専修医制度の一環で、グローバルな感性と幅広い知識を身に付け、将来後進の指導にも熱心に携わることができる優秀な人材を育成することを目的としています。留学先はロサンゼルスのVeterans Affairs Medical Centre(VAMC)であり、留学医師本人の希望を考慮したプログラムで約2ヶ月間、米国の医療現場を体験することができます。

お問い合わせ・資料請求
PAGE TOP
PAGE TOP