先輩からのメッセージ

私は大学卒業後、民間病院で働いていましたが、様々な経験を積みたいと考え、国立病院機構の試験を受けました。現在、一般撮影、CT、MRIに携わっています。

国立病院機構は研修が充実しており、学び続けることのできる環境です。グループ内や院内外での勉強会が多数あり、幅広い知識を身につけ、常に技術を磨いていくことができます。

将来は放射線治療に携わりたいと思い、現在大学院に通っています。授業で抜けるなど、他の方に負担をかけることも多いですが、いつも応援して下さいます。本当に、人にも恵まれた職場であると実感しています。

東徳島医療センター 細谷 未来

すべてのモダリティーを経験できます。

当院では、一般撮影検査(胸腹部、骨、乳房等)、透視検査、CT検査、MRI検査、血管造影検査、核医学検査、放射線治療、骨塩定量検査と、放射線技師として携わるモダリティーのほとんどを経験することができます。また、救命救急センターを設置しているため、三次救急での撮影技術を学ぶこともできます。そしてなにより、まだ統合して間もない病院ですが、放射線科の仲の良さは他院にも負けません!学習には人間関係も大切で、良い環境にあるからこそ、仕事も楽しくなるし、向上心を持つこともできます。

放射線技師の卵であるあなたたちには、どの施設で働くか、選ぶ権利があります。もちろん、国家試験、就職試験はパスした上で、、、ですが(笑)。しかし、国立病院機構である私たちの特色を少し述べさせていただくと、上記の通り、装置の種類を含めたモダリティーの経験と、技師間での横の繋がり、人間関係の良さ、これらは他施設を圧倒していると思います。様々なモダリティーを学びたいとき、様々な施設、装置に触れたいとき、良好な人間関係を求めたいとき、就職活動に悩んだときは、一度国立病院機構に足を運んでみませんか?

四国こどもとおとなの医療センター 横峰 圭

広島西医療センターで働き始めて2年目になります。現在は主に一般撮影とCT、心カテの仕事をしていますが、まだまだ経験不足で先輩方の力を借りることが多いです。

国立病院機構では、同じグループ内の病院同士で勉強会や研修会をする機会が多くあるので、色々な病院の放射線技師と情報交換しながら知識を深めることができます。特に同期と仕事の話をするのが一番の楽しみで、お互いに刺激し合い、仕事への意欲を高めることができます。

これからも経験豊富な先輩方のもとで沢山の検査を経験し、勉強会で知識を深めて、応用力のある放射線技師になりたいと思っています。

広島西医療センター 西 まどか

国立病院機構入構2年目名古屋大学の出身です。

私が勤務している福山医療センターでは放射線診断科と放射線治療科があり、放射線診断科で各モダリティを週替わりでまわっています。私は現在、一般撮影、CT、MRI、Angioを担当させてもらい、職場は助け合える和気藹々とした雰囲気です。機構内では学会や研修も充実しており、私も新人研修や一般撮影研修、総会での発表などを経験して学術的、技術的なスキルアップと共に他の病院の方とも交流を持つことができました。このような充実した環境の国立病院機構で皆さんもぜひ一緒に働きましょう。

福山医療センター 法山 智顕

お問い合わせ・資料請求
PAGE TOP
PAGE TOP