先輩からのメッセージ

私は、重症心身障害児(者)病棟の患者さんの日々の生活支援を行っています。

その中で、1年間を通して様々な行事を行っており、自分自身が中心になって計画を立てることがあります。計画を立てることはとても大変ですが、患者さんの笑顔や家族の方と楽しんでいる様子を見ると計画を立てて良かったと感じます。

保育士として働き、大変なことや苦労することはありますが、患者さんと関わる中で一つの会話でも共感できたと感じた時は、嬉しい気持ちになります。こういったコミュニケーションを通して信頼関係を築くことができるとてもやりがいのある仕事です。

鳥取医療センター 保育士 稲沢 貴則

広島西医療センターの療育指導室は児童指導員、保育士を合わせ23名で楽しく仕事をしています。

病棟では利用者・ご家族との情報共有を積極的に行い、関係職種とも連携をし、利用者が充実した生活を送れるよう、療育や趣味活動、外出支援、行事等を企画・実施し、相談支援にも力を入れています。

今年で3年目となり悩むことも多いですが、利用者と時間を共有し、心を開いてくれたと思う時はやりがいを感じます。

児童指導員となり、年齢層の広い利用者と関わる中で、それぞれの個性を把握し、ひとりひとりに合った関わりをしていくことが大切だと感じています。

広島西医療センター 児童指導員 清中 万理乃

入職4年目を迎え、優しい先輩方と、利用者様の笑顔に支えられながら、日々充実した時間を過ごさせて頂いています。勤務先の徳島病院では、筋ジストロフィーの利用者様と関わりながら、生活の質の向上に向けて様々な活動に取り組んでいます。種々の行事や、サークル活動の援助、生活環境の整備等を、利用者様とのコミュニケーションを大切にしながら進めています。大変だと感じることもありますが、保育士は利用者様と近い距離で寄り添って、沢山の笑顔を引き出すことが出来る、とてもやりがいのある職種だと思っています。ぜひ一緒に保育士として働きましょう。

徳島病院 保育士 宮本 恭子

お問い合わせ・資料請求
PAGE TOP
PAGE TOP