先輩からのメッセージ

岡山医療センターは急性期総合病院として、新生児から高齢者まで幅広い医療を行っている施設です。また、岡山市から委託を受けて岡山市立金川病院の運営も行っています。そのような環境の中で、急性期医療、地域医療それぞれの管理栄養士の役割を幅広く学ぶことが出来ます。私は現在金川病院に勤務しており、毎日昼食時に言語聴覚士と病棟をラウンドしています。地域の患者さまに寄り添って日々楽しく業務に専念しています。

 

国立病院機構では定期的に研究発表や研修会を行っており、それぞれの施設の取り組みについて知ることが出来たり、新たな知識を得るだけでなく、他施設の先輩や同僚と交流し、情報交換ができます。日々の業務、他病院との交流によって常に刺激を受けながら日々成長していけると思います。

岡山医療センター 中西 初実

私は大学卒業後、鳥取医療センターでの非常勤勤務を経て呉医療センター・中国がんセンターへ採用となりました。

 

当院は37の診療科がある呉地域圏の医療を担う高度総合医療施設です。また中国地方のがん治療において最新の治療を行う拠点病院でもあります。それらの中で求められる栄養管理を行うためには多くの知識が必要となりますが、よりやりがいを感じられる病院であることも魅力の1つです。

 

今は主に臨床栄養を業務としていますが、患者さんの笑顔や元気になって退院する姿を見た時には日々の慌ただしさを忘れるくらいの喜びや充実感を感じています。

 

国立病院機構では院内外を問わず研究発表会や勉強会を定期的に行っています。新たな知識を得、業務に還元し栄養士としてスキルアップを目指せる環境が整っており、仲間とともに切磋琢磨する毎日を送っています。

呉医療センター 生田 里奈

私の勤めている関門医療センターは急性期病棟と地域支援病棟があり、地域に根付いた医療を目指しています。また39診療科があり、幅広い医療を行っています。

私は給食業務と臨床業務を行っており、より良い食事の提供とより良い栄養指導、食事相談を目指して日々業務に励んでいます。

 

国立病院機構の魅力は、個々の質を高める為に広いネットワークを利用して、学会や同職種あるいは他職種による研修会等が定期的に行われ、幅広い分野について学ぶ事ができるとともに、自施設のみならずグループ及び全国の国立病院機構の方々と交流することが出来る場であることです。また、現在私は糖尿病療養指導士の資格取得に向けて勉強をしており、NST専門療養指導士などの資格取得に向けた支援があることも魅力の一つです。

関門医療センター 石田 みどり

私は大学卒業後、今勤めている愛媛医療センターに配属となりました。当院は地域医療としては一般急性期病院です。また結核の専門医療施設でもあり、結核病棟入院患者様へは月に1度食事サービスの一環でおやつの提供をさせて頂いております。他にも糖尿病教室や生活習慣病教室にも力をいれており、入院・外来患者様問わず接することがあります。教室では多職種や患者様の異なる視点からのお話を聞くことで、新しい知識や気づきを得ることができます。その知識を広げ深めて、次の患者様へよりよいアプローチができるように日々の業務に励んでいます。

 

国立病院機構では学会や研修会などに参加する機会が多々あり、他病院の管理栄養士との交流もできるので多くの知識と刺激が得られます。また施設によってはスポーツ活動があり、病院内外でも人との繋がりができることが魅力の一つだと思います。

愛媛医療センター 小野 今日子

お問い合わせ・資料請求
PAGE TOP
PAGE TOP